貯金以外にも資産形成を

日本は資本主義国家です。そんなことは言われなくとも知っているかと思いますが、これは言い換えればお金がなければ生活していくことが出来ないという意味でもあります。仕事をしている間は意識をすることが少ないかも知れませんが、企業務めや公務員の人達というのは、年齢が一定に達した時に定年として退職することになり、この収入がなくなってしまうという制度が取られています。

この定年を迎えた後のことを老後と言いますが、この時期の資金について皆さんは考えたことがあるでしょうか?老後資金の問題は、なるようになる、ではなんともならないものです。事前にしっかりと準備しているかどうかで、その後の明暗が別れるということを理解して置かなければなりません。

老後資金の形成のために多く利用されるのはやはり銀行預金ということになるでしょう。堅実な方であれば、毎月の給料から一部を自動的に定期預金に振り返る、というような積立を行っている方も多いかと思います。これをやっているだけでも、老後資金の確保はかなり行なうことが出来るようになるでしょう。

しかしながら、これだけでは足りないこともあります。出来れば貯金以外にも、投資などで資産形成を進めておくのが良いでしょう。